履歴書・職務経歴書の書き方

★採用される履歴書・職務経歴書はこう書く

◆「できる人」の話し方&コミュニケ-ション術

就職、転職の応募書類の3点セット

〈転職版〉そのまま使える履歴書記入例250と面接回答例161

就職、転職の場合、正社員、アルバイト・パート、派遣などを問わず、応募先に応募書類を送付、又は持参する必要があります。応募書類は、書類上の面接であり、採用者は、応募書類をもとに、面接するかどうかを判断します。
一般に、就職、転職の場合の応募書類として、履歴書、職務経歴書、添え状(送り状)の3点セットが必要です。

★そのまま使えるビジネス文書文例集

3点セットの内、履歴書は、書き方やフォーマットが決まっていますが、職務経歴書は書き方が必ずしも決まっていません。自分の職歴やこれまでの経験などを自由に書くことが出来ます。
また、履歴書は手書きが基本で、書き間違えた場合は、修正液などは使わずに、再度新しい用紙で書き直す必要があります。職務経歴書、添え状は、ワードなどパソコンで作成し、応募先によって、文章や内容に工夫を凝らします。

履歴書は自己PRと志望動機が大切

採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>

履歴書には、写真、氏名、住所、学歴、職歴、資格・免許、志望動機、本人希望欄などがあります。その中で、いかに自分を売り込むかを考えなくてはいけません。
でも、学歴や職歴は、過去のもので、いまさら自分ではどうすることも出来ません。。

それに対し、志望動機、本人希望欄は自分で好きなように書くことが出来ます。これらのスペースでいかに相手にアピールを与えることが出来るか、「この人を面接したい」と思ってもらうように書き方を工夫しましょう。
また、写真も好印象を与えることが出来るよう、効果的な撮り方を考えてください。相手を睨むような表情ではなく、柔和な印象を与えるようにするのが写真のコツです。


転職者のための面接必勝!ルール